ローコスト住宅でリーズナブルでお手軽マイホーム

Building

コストが低い理由

自由設計で安く家を建てるコツ

Home

ローコスト住宅とは材料や設備を大量に一括購入したり、設計や施工を合理化して無駄のないシステムにして予算を抑えて、プランやデザインをある程度限定して規格化することなどで家づくりの工程をコストダウンさせた住宅です。 ある程度規格が決まっていても、充分満足できるプランやデザイン、性能があればローコスト住宅にする選択も賢い節約術です。 間取りを自由にしながらローコスト住宅にするなら、四角い間取りにして、1階と2階が同じ面積にすると良いです。同じ広さであっても外壁が増えるとコストが上がります。空間を細かく仕切らないこと、安く仕入れられるものを提案してもらう事や、床や壁の塗装を自分達で仕上げる方法もあります。工夫することで自由度の高いローコスト住宅を実現できます。

ローコスト住宅の平均価格

一般的にローコスト住宅と言われるのは、35坪程度の広さの家で1000万円台、坪単価は20万円から30万円くらいの家です。お金をかけなくてもコンパクトで過ごしやすいお家にして、残ったお金を将来の生活や豊かさの為に使えるので人気です。最近は子育てが終わった夫婦のために1000万円以下のコンパクトなお家もあります。 どんなに安い家でも心地よくなく、後々修理にお金のかかる家ではコストダウンも無駄になってしまいます。安く長持ちする、メンテナンスがしやすい、耐用年数を確認するようにしましょう。もちろんローコスト住宅のために会社は家を建てるための効率化など工夫によってコストを抑えています。必ずしも安いから悪い、ではありません。実際に施工した家や現場見学をしてみるのもポイントです。

Copyright © 2015 ローコスト住宅でリーズナブルでお手軽マイホーム All Rights Reserved.